便秘に悩む人の体験談と解消法

体験談19:つらい便秘の症状を改善

私は長らくつらい便秘に悩まされておりました。

 

もともと、仕事が忙しくて外食が多く、野菜を食べていなかったために便秘になりやすかったのだと自覚しました。

 

野菜を多めにとるようになってから、食生活を改めることにより少しずつ改善していきました。

 

毎日の食卓にかならず、キャベツやトマト、きゅうりなど添えていき意識的にとるようにしていました。

 

できるだけ野菜は炒めたり、ゆでたりして温めたものをたべるようにしていました。食べるときは消化にいいようによく噛んで食べることを心がけていました。

 

野菜を多くとったその日のうちに便秘は解消され便通がよくなりました。

 

あれだけ、便秘に悩まされていたのがうそのように野菜をとることによって改善していきました。

 

朝も健康のためにくだものをよくとるようにして、野菜をパックにつめて持ち運ぶようにしました。

 

おやつもスナック菓子からドライフルーツに変えることによりだいぶ日中の便秘に悩まされることはほぼ無くなりました。
毛穴の悩みは、解消されてきました。

 

 

 

体験談20:食生活の改善で、便秘を解消!

 

もともと幼い頃から便秘でしたが、前職が本当に忙しく、食生活が乱れてストレスも溜まり、便秘の状態が本当に辛く感じました。

 

1週間出ないことも当たり前で、溜まっている不快感や下半身のむくみ太りに悩まされました。朝はパンだけ、昼はお弁当かコンビニのおにぎり、夜は外食かお弁当が続きました。

 

 働き方を変え自炊を再会してから、野菜を意識して食べ始めました。野菜は好きですが、今まで調理方法や味付けが単調で苦手だったことに気づきました。肉じゃがなどの定番料理の他は、生野菜サラダかお浸し、煮物くらい。

 

しかし生野菜では量をたくさん食べられませんし、私は実は甘辛い煮物が苦手です。
そこで野菜料理について調べ、野菜がおいしく感じられる食べ方を追求しました。

 

 今ではほぼ野菜や豆が中心の生活で、特に意識せずとも水溶性食物繊維も不溶性食物繊維もばっちり摂れています。

 

一番簡単なのは温野菜や鍋料理ですが、週に1〜2回は野菜たっぷりのポタージュや根菜汁などのスープ系を作り置きしています。

 

温かくて腹持ちもよく、本当におすすめです。

 

市販品や青汁もよいですが、自分で「こんなに野菜が入ってる」と目で見て自覚したり、工夫して量を増やすことも大事です。

 

気づけばほぼ毎日、量も色も申し分ない便がでます。下半身のむくみや肌荒れも解消しました!この爽快感は何にも代えがたいです。

スポンサーリンク