便秘に悩む人の体験談と解消法

体験談5:なるべく自然な方法で便意を促す努力

私は色々試していくうちに、自分に合った便秘解消法を見付けました。
人それぞれ体質も生活サイクルも違いますし、自分に合った解消法を見付けるのが一番だと思います。

 

私は思い当たることを試していくような形で見付けました。
まずは普段の生活で定期的に蒟蒻を食べるようにしているのですが、苦にならないようにオヤツとして蒟蒻ゼリーを食べたりもしています。

 

蒟蒻はそのままスルッと出るそうで便秘の人には良い食材だと医師に聞いて実践しています。
そして運動不足の時に便秘になりやすいと気付き、休日に体を動かすようにしています。

 

私は便秘が酷かった時期に、お腹が張って辛く、なるべく必要以上には食べないように食事量を一気減らしていました。

 

けれどこれは良くないようで、食べないと出ないと、便秘薬を処方して貰った時にしっかり食事をとってから服用するようにと言われました。
どうしても出ない時は薬に頼りますが、なるべくは自然に出そうと普段の生活から心掛けています。

 

 

体験談6:食べることと運動すること

 

3年ほど前までは、酷い便秘で1週間出なかったりと、かなりしんどい思いをしていました。

 

幾つか要因はあると思いますが、その頃を思い返すと、まず一つは運動不足であったと思います。当時はデスクワークだったので、1日8時間は座ったままでした。通勤も電車で駅近だったので歩く距離も少なく、運動習慣がありませんでした。

 

また、食事のバランスというよりは、食べる量や時間が不規則だったと思います。朝昼兼用でパン一つ、少食で1日を通してあまり食べていなかったと思います。便を作る食べ物が入っておらず、作られるペースも遅くなるので、その間に便も硬くなってしまっていました。

 

以前、1週間入院した際、ご飯もあまり食べられない状況に加えてほとんど動けなかったので、その時もやはり便秘になりました。

 

今も食事のバランスはいいとは言えませんが、何故か食べる量が増え、仕事を変えて動き回るようになったので、もりもり食べてよく出るようになりました。

 

いいサイクルになるといいのですが、体が動かせない、食べられない状況時は酸化マグネシウムを飲んでいました。便に水分を集めるだけなので、副作用もなく、あれ、出てないな?というタイミングで飲むと、何度か助けられました。

 

 

イビキの解消に効果的

スポンサーリンク